© 2018 みんなの家EH事業部

What is

いざぜん?

安心・安全のアレルギーフリー防災スイーツ

 

滋賀県米原市の中山間地で栽培した材料を使用

特定原材料を使わず、農薬や、化学肥料を全く使わず育てた素材は

小さなお子様からお年寄りまでが安心して食べて頂けます

『イザ』災害にあってしまった時に食べる『ゼンザイ』です

 

シンプルな味にまとまっており、避難所で食べる事を想定した

食べきりサイズにしております

箱の大きさは冷凍庫に保管する事を

前提にサイズを調整しており、

重ね置きなどを考慮し場所を効率よく

使えるものをチョイス!!

 

 

内容量:1袋100グラム

1箱:4つ入り

 

 

食べきりサイズで、持ち運びも便利

冷凍して食べると

「シャーベットゼンザイ」

解凍→加熱で

「あったか〜いゼンザイ」

 

『イザゼン』は1年を通して季節を

選ばず食べ方が豊富な冷凍ゼンザイです

 

Photo

イザゼン製造背景のご紹介
地元米原でつくられた小豆にはたくさんの協力から成り立っています
こだわりを含め、イザゼンプロジェクトの一部をごらんください
高齢者は知識の泉
 
○ 中山間地で栽培・育成
○ 徹底した農薬、化学肥料の排除
 
種まき、育成、収穫、選別の全ての工程に地域のお年寄りからアドバイスと作業支援を
して頂き、昔ながらの栽培を行っております。
中山間地は近隣の農薬飛散などが少なく健康面にも配慮出来るのも魅力の一つ
衛生的に安全に
 
○ 作業前のアルコール消毒の徹底
○ 冷凍保存に適したフィルムを使用。丁寧なパウチング
 
手の消毒はもちろん、製造工程に使用する道具の洗浄、消毒をマニュアル化。作業する者同士がお互いに確認し合うことで意識強化に努めている。
フィルムは冷凍保存による風味の劣化を極力防ぐことを意識し、
厚手のフィルム採用いたしました。
笑顔は生きる動力源
 
○ 高齢者の居場所・生きがい
○ 昔ながらの製造方法の伝承
 
一緒に作物をつくり、一緒に食べる
そんなありふれた事を提供するだけで人は笑顔になれたりする
このイザゼンにはたくさんの「知恵」と「笑顔」がつまっています

Rolling

Stock

ローリングストックの意味と有用性

被災時、必ず起こる事が食料不足。

スーパーへ買い占めに行きたいという気持ちは皆同じ。

しかし、ライフラインが正常に働いている可能性は未知です。

日本は地震、火山、津波など被災する確率が高い紛れもない自然災害大国。

1人1人が自覚し、イザ被災した時に慌てずに行動ができ

「食の確保からくる安心」を兼ね備えた仕組みこそ

ローリングストックの醍醐味です

忘れてはいけない災害の教訓と記憶

いつ災害が起こるかは誰にもわからない

いつ自分達、その周りが被害にあうかもわからない

だからこそ1年に1度「防災用品・非常食」の確認をし、

もしも災害に出会ってしまった時の事を考える

そんな時間が今の時代は必須となっています

自分や家族、大切な人を災害から守る

防災用品、非常食を改めて見つめ直してみましょう